敏感肌の原因は色々考えられますが、大きくは内的要因と外的要因に分けられます。内的要因としては、アレルギー体質やアトピーなどの遺伝的体質、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、睡眠不足や不規則な生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)態度による生活習慣の乱れなどがあげられます。また、栄養バランス(食事だけで必要な栄養素を摂れないようなら、サプリメントなどを利用するのも一つの手段です)の悪い偏った食事や消化器系の内臓の機能障害、強いストレスなどが原因となって、敏感肌になってしまうこともあります。次に、外的要因で大きく影響するのが、肌の乾燥や紫外線の影響、温度や湿度の変化です。当然、肌に合わない化粧品の使用や、間違った洗顔方法、過剰なケアなども敏感肌の原因になります。特に洗顔方法を間違えると、肌の健康に欠かせないセラミドまで洗い流してしまうことがあります。セラミドが不足すると、肌が必要な水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を蓄えておくことができず、カサカサになってしまうでしょう。その上、バリア機能も低下するので、外部からの刺激を受けやすくなり、乾燥性敏感肌の状態なんです。セラミドは10代半ばをピークとして、加齢とともにますます減少し、四十台では半減してしまうと言われています。体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)や気候、環境、食生活などにも影響を受けます。遺伝的要因や季節の影響など、自分ではどうしようもないこともありますが、疲労やストレスを軽減し、食生活を整えるなど、自分で改善できる原因もたくさんあります。少しでも、こうした要因を減らす努力を継続的に、刺激に立ち向かえる強い肌を作る努力をしましょうー